So-net無料ブログ作成

長谷寺(奈良県桜井市)の紅葉を愛でる [白虎 Bianco]

奈良市以外で 超メジャーなお寺でありパワースポットでもある

桜井市にある長谷寺に紅葉を見に行きました。(駐車場がごった返すことに備えてインプ号で)

老若男女のパラダイスともいえそうな感じのする営業的に成功しているお寺の一つで、

この日も駐車場や境内は、やはりごった返していました。

以下はウィキペディアより引用

長谷寺(はせでら)は、奈良県桜井市にある真言宗豊山派(ぶざんは)総本山の寺。山号を豊山神楽院と称する。本尊は十一面観音、開基(創立者)は道明上人とされる。西国三十三箇所観音霊場の第八番札所であり、日本でも有数の観音霊場として知られる。

大和伊勢を結ぶ初瀬街道を見下ろす初瀬山の中腹に本堂が建つ。初瀬山は牡丹の名所であり、4月下旬~5月上旬は150種類以上、7,000株と言われる牡丹が満開になり、当寺は古くから「花の御寺」と称されている。また「枕草子」、「源氏物語」、「更級日記」など多くの古典文学にも登場する。中でも「源氏物語」にある玉鬘(たまかずら)の巻のエピソード中に登場する二本(ふたもと)の杉は現在も境内に残っている。

L1010799.JPG

↑この山門を入れば、屋根付き蹴上の低い階段(登廊(のぼりろう))でお年寄りにはやさしい

この日は天気が良くて暖かく風の無い、行楽にはうってつけの日和でした。

境内を登りながら、秋景色らしいところを記録しておきました。

L1010798.JPG

↑山門裏から

L1010794.JPG

↑有名な登廊

L1010744.JPG

↑おじさんが立っているところは、春にボタン園になります

L1010790.JPG

↑ここの紅葉が1番人気だった

L1010762.JPG

↑擬宝珠(ぎぼし)と五色の垂れ幕

L1010763.JPG

↑周辺は原生林で紅葉のバランスが自然に感じられます

L1010765.JPG

↑本堂の礼堂(らいどう)から紅葉をスルー

L1010779.JPG

↑全体のグラデーションが絶妙なバランスをなしています

L1010753.JPG

↑紅のバックライト

L1010773.JPG

↑この五重塔は新参者(昭和29年製)でまだまだ枯れていない

この日は高さ10mを超える木造十一面観音立像の特別拝観でき、この機会に

像の足元まで行ってお参りしました。

拝観の入り口では、若いお坊さんが入場券と引き換えに、五色の結び紐を授けて

くださりました。良く効くお守りらしいですが、それより色合いの派手さが気に入りました。

hasedera41520.jpg

↑五色の結び紐は手首にセットします(とても気に入っています)

このようなグッズのサービスなどはさすが長谷寺だと思います。

拝観料をとるだけでなく、おまけをつけてくれるお寺は他には無かったと思いますね。

このへんにお客さんを惹きつけるヒントがあるのでしょう。

参考になるな~。


nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 6

コメント 3

なん

寺社と紅葉がばっちりマッチしていますね。
紅葉を愛でながら,のんび~りと過ごしたいです。(^^♪

by なん (2010-11-27 01:25) 

たくや

紅葉真っ盛りでいいです。
「五色の結び紐」は気の利くサービスですよ。
by たくや (2010-11-27 11:29) 

hanntinngu

ボタンの頃だけでなく、紅葉も綺麗ですね。
先日、テレビ中継でも観たばかりでしたが。
帰りに買った、草餅が美味しかったです^^
by hanntinngu (2010-11-30 09:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0